【月村天音先生】電話占いウィル体験・鑑定結果

ほぼ毎日ランチを買いに行く、会社の近くのコンビニでたまに見かける男性が気になっていました。向こうも私の事は「よく見る人」と思っているみたいで、目が合うと会釈してくれるようになりました。でも、話しかける勇気もなく…。こんなドラマみたいな事をしている自分が信じられなくて、誰にも言えずにいました。そんなとき、たまたま雑誌で知った電話占いを試してみようと思いました。

コンビニに行くのが楽しみに

会社の目の前にあるコンビ二でよく見かける男性…。スーツを着ているので彼もこの辺で働いているんだろうなと思っていました。

いつも、同じ缶コーヒーを買っていたので印象に残っていて…。ある日たまたまレジに並ぶ列で彼が私の後ろに並んだのです。彼は私と目が合うと、にっこり笑って会釈してくれました。その時はまだなんとも思っていなかったので「お疲れ様です。よく会いますよね」と私から話しかけることができました。

たいした会話もなかったのですが、この後から妙に彼の事が気になるようになってコンビ二に行くのが楽しみになりました。当然、タイミングか合わないのか休みなのかで会えない日もあるんですが、その時はとてもがっかりしてしまって…鈍い私も、「彼の事が好きなんだな」と自分の気持ちを認めざるを得ませんでした。

ですが、好きだと解ってしまうとなかなか話しかけられません。なんとも思っていなかった時にはすんなり出来たことが出来ないのです。この時の私は、彼と目が合ったときも、こわばった笑顔しかできていなかったと思います。

彼は、指輪をしていなかったのでおそらく結婚はしていないだろとうは思っていました。でも、「指輪をしていないだけかもしれない」なんて、考えても仕方ない事で悩んでいました。

天の声のアドバイスという言葉に惹かれて月村天音先生に

「天からの声を伝える」という月村天音先生の紹介にすごく惹かれました。そして、奇跡を起こしたことがあるというのも私にとっては魅力でした。私にも、奇跡が起こらないかな…とちょっと期待しつつ、ウィルに電話をしました。

月村天音先生との会話のやり取り

私「好きな人がいるのですが…その、まだ一度しか会話をしたことがなくて…えっと、お恥ずかしいのですがコンビ二で良く会うというただそれだけな人なんです」

先生「恥ずかしい事なんてありませんよ。彼もあなたのことはちゃんと覚えていますね」

私「一度、レジ前で言葉を交わしたことはあるので覚えてはいると思います。あの…彼にはだれが相手がいますか?」

先生「私に見える感じだと、結婚もしていないし彼女もいません。女性に趣味はあるみたいだけど、基本的に仕事一筋という感じね。」

私「この方とお付き合いできる可能性はありますか?」

先生「ありますよ。だって彼もあなたのこと気にしているから。ただ、今のままだといつまでも前に進みませんよ。きかっけを造らないと」

私「きっかけですか?どうすればいいでしょう」

先生「明日、またコンビニで会えるから。それも彼が近くに来るタイミングがありそうだから「お疲れ様です」と声をかけてごらん。勇気はいるけれど、前に一度話もしているしリスクはないわよ」

私「確かに…お疲れ様くらいなら言えると思います」

お疲れ様ですのひとことで充分だった

鑑定の翌日ドキドキしながらコンビ二に行くと…私が入店した時には彼はいませんでした「明日でもいいよね」と思ってサンドイッチに手を伸ばしたら…。

彼が真横にいたんです。もうびっくりして声が出そうになりました。とっさに「お、お疲れ様です」と声をかけました。

そしたら彼の方から「いつもサンドイッチ買ってますよね。駅の近くのパン屋さんのサンドイッチが美味しいって会社の子が言ってましたよ。ご存じですか?」
と…。「駅の近くですか?よくわからなくて」と答えると、彼が「イートインも出来るみたいなんです、僕も行ってみたいのでご一緒にいかがですか?」とまさかのランチの誘いが!

二日後のお昼休みに待ち合わせをして、ランチをするとになりました。それから関係が発展して今はその彼と付き合っています。あの時、月村天音先生に相談していなかったら、私は声をかけられなかったと思います。鑑定してもらって本当に良かったと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です