【麻亜弥先生】電話占いウィル体験・鑑定結果

友人たちにも自分と同じ悩みを持つ人たちがちらほらいます。それは子供の不登校です。小学生までは問題なく学校に通学していたのですが、中学校に上がってからほかの校区の生徒と仲たがいをし、それがきっかけで学校に行けなくなりました。今からでも私立に転校してもいいと考える私と、乗り越えさせなければいけないと考える夫とは真っ向から意見が対立。どうしたらいいのかとすがる思いで電話占いウィルを利用してみました。Webからの登録で3000円分割引を受けられるのは主婦にはありがたいサービス。人気の占いサイトである理由がわかります。

不登校になってしまった子供の将来が不安

私の悩みは、もうかれこれ半年間学校を休み続けている長女のことです。かわいらしい外見をしているからかちやほやされることが多く、少し自意識過剰で神経質なところがあるのは母親の私も気が付いていました。私立に行かせたかったのですが、本人が遠距離通学を嫌がったため効率の中学校に行かせたところ、案の定いじめに似たようなことをされるようになりました。ママ友も多く同じ中学校にいるため、うかつなことはいえません。親や先生にも胸の内を明かせず苦しんでいましたが、この電話占いウィルで話を聞いてもらうことを思いついたときは、それだけで胸がすっと軽くなりました。

温かみのある口調が魅力の麻亜弥先生

電話占いウィルのホームページで多数の占い鑑定の先生方が並んでいますが、麻亜弥先生を選んだ理由は、「愛する故人やペットとの対話、 霊感・霊視を得意」としているというところです。亡くなった母親なら、どんなアドバイスをくれただろうと考えていた私の胸に響くプロフィールでした。実績が豊富で評価が高いことにも安心感がありました。

麻亜弥先生との会話のやり取り

先生「半年もの不登校、それはご心配ね。」

私「はい、そうなんです。一年生の夏休み明けから学校に行けなくなってしまって。」

先生「きっかけは友達同士のいさかいだそうですが」

私「はい、そう聞いています。相手の女の子も悪い子ではなく、学校に来てほしいと一度家まで来てくれたり、親御さんからお詫びの手紙が来たりもしました。だから、学校に行けさえすれば元に戻ると思うのですが。」

先生「もしかしたら、娘さんは、何か自分で変わろうとしているのかもしれませんよ。」

私「え?どういう意味でしょうか。」

先生「仲たがいした相手に言われたことに傷ついてはいるけれど、そこから、新しい自分になろうとしているようなパワーが伝わってきます。」

私「まあ。そうでしょうか。」

先生「多分、守られすぎてわがままが何でも通る時期はそんなに長くない、ということを悟ったようです。今まで自分が一番かわいらしくちやほやされてきたけれど、自分より容姿がかわいい女の子はいくらでもいる。自信を失いつつも、もっと違った自分の良さを見つけたいという気持ちになれたとき、きっと学校に戻れるようになりますよ。」

私「自分の良さを見つける、ですか。」

先生「今はそんな大切な時期を自分と戦っている最中なんです。彼女がどう思っているのか、どうしたいのかを聞いてあげること。学校にいやいや通うよりも意味のある時間を過ごしていることは間違いないのですから。」

私「そうおっしゃってくださるとうれしいです。ありがとうございます!まずは話したい時に思う存分話を聞いてやることから始めたいと思います。」

先生「こちらこそありがとうございます。また何かあったら何でも相談してください。娘さんを信じて大丈夫ですよ。」

まず子供の話を聞きどうしたいかを話させる

麻亜弥先生の占い鑑定を受けてみて、本当にお値段以上の満足感がありました。一度自分の胸の内を吐き出す、ということは大切なことだったんですね。話しているうちに、自分が変わるべきところが見えてきたようです。もっと話を聞いてやって、彼女がどうしたいのかを知り、全力でサポートしていきます。麻亜弥先生、本当にありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です