【沙李先生】電話占いウィル体験・鑑定結果

誰にも言えないような恋の悩みは、年齢を重ねていくごとに増えてしまうものですが、私も例外ではありません。決して友達にも打ち明けないと心に決めたけれども、時には不安に駆られて、誰かに話を聞いてほしいと思うこともよくあります。そんな中、黙っって耳を傾けてくれて、私と同じような人たちからの話を聞きなれている電話占いの鑑定師の先生方との会話は、とても大切な心のよりどころになっています。なかでも人気の高い電話占いウィルは、評判が高い電話占いサイトであり、実力派の鑑定師が多いと評判です。そしてWebからの登録で3000円分割引があるのが魅力です。

不倫相手と秘密の恋愛を続けていきたい

最近の私は、もう付き合って二年になる家庭ある男性との関係について考える時間が多くなりました。結婚したい、というようなことは全く考えていないけれど、この居心地の良い関係を、どうしたら長く続けていけるのかを知りたいのです。たとえ恋愛関係が終わっても、きっと友人として付き合っていけるような男性と、人生の中で出会う機会がそれほどあるとは思えません。そのためには、絶対に他人に知られないことが必要だと注意しています。どんなことに気を付けていれば、このまま何も変わらずにいられるのかを知りたくて、電話占いをしてみようと思いました。

秘密の恋の悩みならおまかせの沙李先生

電話占いウィル鑑定師の先生方のプロフィールがたくさん並んでいる中で、「沙李(さり)先生」の名前が目に留まりました。何と私と同じ名前なのです。決してよくある名前ではないのに、なんだかとても親近感がわきました。霊力鑑定師というフレーズも気になり、何より、「どんな時も、あなたの味方であり、あなたを応援するサポーター」という言葉が胸に響きました。もしかしたら、私には私も気づいていない気持ちがあるのかもしれない。どうしても沙李先生に占ってもらいたい、そう思うように至ったきっかけです。

沙李先生との会話のやり取り

先生「彼の家庭を壊したい気持ちは全くないのかしら。」

私「それは絶対にありません。」

先生「そう言い切れるところが、大人の女性らしさを感じさせるけれど、どこか痛々しい気持ちにもなるのだけれど」

私「それは、私が彼に惹かれるところが、家庭を築いている面を持つ男性だからだ、ということにあるからだと思います。」

先生「自分と同じ独身の男性には興味が持てないのかしら。」

私「いえ、そんなことはありません。好んで不倫したいわけではもちろんないですし。ただ、何というか相手の男性に安定や信頼を求める気持ちがあるみたいで」

先生「でも、現在あなたといわゆる不倫関係に陥っていることも事実ですね」

私「そこが私の自己中心的なところなんですけれど」

先生「なるほど。そこはわかっていて、あえて選んでいる恋愛の形態なのね」

私「恐らくそうだと思います。そして彼も同じだと思います。思い詰めて考える人ではないし、私がべたべたしている正確ではなので、居心地が良いのでしょう、きっと」

先生「このまま続けて、その先の自分は想像できていますか?仮に二人の関係をだれに知られることもなく続けていけたとしても」

私「私が、ですか」

先生「そう。彼は妻と子供を育て、一歩一歩人生の階段を上っていきます、あなたと時折楽しみながら。でもあなたは人生の階段の踊り場にいて上に登っていけない、そんなイメージがわいてきます。タロットで占ってみましょう。あなたの周りには、あなたと人生を共に歩むにふさわしい男性がたくさんいる幸せな環境です。男性が多い職場みたいね。」

私「はい、その通りです。そうですね、私は楽な道を選んでいるだけなのかも。」

先生「今の彼との相性は確かに抜群に良いみたいだけれど、友達としてもよい関係が気付けますよ。居心地よい関係を求めるなら、友達にフェードアウトして、発展性のある関係を築ける男性との出会いもおろそかにしないほうがいいですよ」

私「なんだか妙に目の前がすっきりしてきました。もう一度考えてみます。ありがとうございました。」

先生「ありがとうございます。自己紹介通り、どんな時も、あなたの味方であり、あなたを応援するサポーターでありたいと思っています。また話したいと思ったときに電話をくださいね。」

不倫はひと時の甘い時間と割り切る

思った通り、沙李先生とは、とても波長が合い、1時間近く話してしまいました。本当に気持ちが落ち着き、安心することができました。なにより、本当は私は自分の家庭が築きたいし、自分の子供がほしいと考えていることに気付かせてくださったことがうれしかったです。これからは、徐々に友人にフェードアウトして、自分と一緒に人生を歩んでくれるパートナーとなる男性を捜します!
沙李先生、本当にありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です