【一色龍華先生】電話占いウィル体験・鑑定結果

誰にも言えない悩みは、全く接点のない占い鑑定士に話を聞いてもらうことが一番。中でも、電話占いは声だけのやり取りで終わるので、ハードルが低いところが魅力。なんとなく対面で会うと顔を覚えられてしまいそうで気になる人にはお勧めです。口コミ情報が充実していて選びやすいのもうれしいところ。特に評判の良いの電話占いウィルはWebからの登録で3000円分割引があるうえに、メール鑑定やボイス鑑定など多彩なメニューが自由に選べるところが助かります。

不倫相手と一緒になれる可能性を知りたい

最初から家庭がある人と知りながら、どうしても惹かれてしまった相手との結婚の夢が捨てきれない35歳女性です。子供にばかりかまけて、彼とは家庭内離婚の状況にある今の奥さんよりも、絶対に幸せにしてあげられる自信があります。そんな風に考えること自体がいけないことだとは思うのですが、どうしてもこの気持ちが捨てきれません。

本名は言いたくないなら絶対!一色龍華先生

占ってもらいたいけれど、名前や生年月日を伝えることに抵抗があるわ、と考えていました。そんな中、名前・生年月日等の情報が一切不要という、一色龍華先生の名前が目に留まりました。秘密の恋の相談相手として占い鑑定士の先生を選ぶ決め手となるのは、やはり秘密が漏れないこと。プロフィールの顔写真が自分とよく似ていることも一色龍華先生を選んだ理由です。

一色龍華先生との会話のやり取り

先生「どうしても不倫相手の方との結婚を望んでいるのですね。」

私「はい、そうなんです。」

先生「同じ女性としてあなたのいちずな気持ちはわからなくもないけれど、リスクも大きいわね。」

私「ええ、法律的な問題もあるし、もしかしたら慰謝料請求が私にもあるかもしれないと覚悟しています。でも、それでもいいと思えるくらいに彼と一緒になりたいのです。」

先生「彼と付き合う前に他の男の人と交際した経験はあるのかしら。」

私「いえ、それがないんです。大学まで女子高でしたし、学生時代はピンとくる男性との出会いもなく社会人になってしまいました。 新卒入社した今の会社で、たまたま違うフロアの別会社の彼と知り合いました。」

先生「彼だけしか恋愛対象がなかったのね。」

私「はい。自分でも、だからこんなに彼に執着してしまうのかな、と自信を無くすこともあります。」

先生「私の眼には、あなたの周りにもう一人あなたを見ている男性が見えてきています。」

私「え?そうなんですか。」

先生「たぶん彼しか見えていないとは思うけれども、時には視野を広げてみるのもいいことです。」

私「先生、それで、どのように彼と私の未来は見えますか?」

先生「聞きにくいけれど、最近彼との関係に不安を感じていませんか?何となく彼の気持ちがあなたから少し離れてきているように思えます。」

私「実はそうなんです。だからこそ先生と話してみたいと思ったんです。どうも最近恋人同士というよりは、長年連れ添った夫婦みたいに落ち着いてしまって。なんだか優しくなくなりました、お互いに。」

先生「付き合いが長いうえに、あなたが自分しか知らないということで、彼は少し安心しきってしまっているのね。あなたもそれは悔しいと思っているわね。ほかの男性ともたまには食事でも行ってみたらどうかしら。」

私「そんなことできません。」

先生「彼をたまにはやきもきさせてみるのも楽しいじゃないの。それに私の見立てによると、わがままな女性のほうが彼の好みですよ。人生は一度きり。たのしまなくては。」

私「いわれてみればそうですね。奥様もわがままだと聞いています。ありがとうございます!いうことをよく聞く都合の良い女になってしまっていたかも。」

先生「とんでもないわ。こちらこそありがとうございます。また何かあったら何でも相談してください。あなたがきれいで魅力的な女性であること私にはわかっていますから、いろいろな出会いが待っていますよ。」

ほかの男の人にも目を向けてみる

一色龍華先生とのトークは、私の話に静かに耳を傾けてくれながらも、真剣に占いを進めてくれている様子が受話器越しに手に取るように伝わってきました。こんなに自分の話に真剣に聞いてもらえるだけでも電話してよかったな、と思えます。確かに先生の言う通り、いろいろな可能性を探ってみることは、大切だし、彼の気持ちが最初の頃のようなときめきを戻してくれそう。一色龍華先生、本当にありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です