霊感占いは本当によく当たるのか、上手な利用法とは

占いの館や電話占いで鑑定を行っている占い師のプロフィールを見ると、様々な占い方法を見かけます。
その中に「霊感占い」という方法があるのですが、「霊」と聞くと悪霊や生霊などと言った恐ろしいものを想像します。
しかし霊感占いと心霊というのは全く別のものであり、幽霊や祟りなどを心配する必要はありません。

・霊感を利用する占いとは

占いというと神秘的なイメージから、占い師は霊感があるものと思いがちです。
しかし実は占いには「霊感を使うもの」と「霊感がなくてもできるもの」があるのです。
例を挙げると「西洋占星術」は一定の法則に基づいた理論があり、多くの文献が存在しています。
占い師はその理論に基づいてホロスコープを解釈して鑑定をしているのであり、特に霊感は必要としないのです。
同じ様に「タロット占い」についても、カード自体に決まった意味がありますので、それを繋げていけば自然に鑑定結果となります。
古くから「易学」と言われている占術は、霊感がなくても一生懸命学ぶことで習得できるスキルなのです。

これに対して霊感占いとは、占い師本人のインスピレーションにより鑑定を行います。
インスピレーションを得る方法としては自分の先祖と交信する「霊視」や、自然界にある精霊の声を聞いたりする「チャネリング」などがありますが、全て占い師の内面から発生させるものです。
中には媒体を必要とする方法もあり、「水晶占い」や「ダウジング」などのツールを用います。

・霊感プラス易学ならば最強

では占いをする場合、どちらの方が良く当たるのでしょうか。
それは、霊感のある占い師がきちんと学んで身に付けた占術が一番といえます。
霊感の強い占い師ならばそれだけ正しく結果を読み取ることができるからです。
そもそもタロット占いも霊感の強い占い師の方がカードのシャッフルの段階からパワーを投入し易く、より深い意味を持ったスプレッドができるのです。

占い師を探す際には霊感占いと共に易学も身に付けている人の方がおすすめです。
最初に自分に霊感があることに気づき、その能力を高めながら占いを学んだ人の方が、当たる確率が高くなるからです。
霊感が強い占い師は依頼人の表情や仕草からも何かしら読み取れるものがあるので、より深みのあるリーディングができるのです。

霊感占いというと「何だか胡散臭い」と思う人もいますが、実際に勘が鋭い人はいるものです。
その占い師が今までどの様な経験を積んできたのかを調べて鑑定依頼をすれば、自分にとって役に立つ鑑定をしてくれるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です