タロットカード占いの神秘

皆様はタロットカードで占ってもらった経験がおありでしょうか? タロットカードというものの存在は知っていても、カード1枚1枚の意味を正確にご存じの方はそう多くはないのでしょうか?

タロットカードはトランプの前身ともいわれるカードですが、長い歴史があり、時代や地域によってさまざまなバリエーションがあります。では、このタロットカードを使った占いがなぜ当たるのかということについて解説していきましょう。

タロットカード占いでは、占ってほしい人が自分でカードを選び、占い師に差し出すというやり方が一般的です。もちろんこの時、カードは伏せたままで選ぶわけです。このことは何を意味するのでしょうか?

伏せたままでカードを選ぶということは、占ってほしい人の潜在意識に選ばせるということにほかなりません。皆様は「引き寄せの法則」という言葉をご存じでしょうか? 潜在意識が自然と占ってほしい人に一番ふさわしいカードを引き寄せるのです。だから、タロットカード占いはよく当たるとのです。

手相占いと比較してみましょうか。手相占いは、占い師に自分の手を差し出し、手相を見てもらいます。自分の手相は隠しようも変えようもありません。手相は自分だけの固有のものであり、唯一のものです。だから、自分だけの占いが成立するとも言えましょう。

反してタロットカードの場合、カードの枚数は限られています。しかし、複数枚を選ぶ場合は、他人が、または自分であっても他の機会に全く同じカードを選ぶ確率はかなり下がります。例えば4枚のカードを選ぶとして、カードを選ぶ順番まで全く同じになる確率は順列組み合わせの計算をするまでもなく飛躍的に増大します。さらに、複数選んだカードそれぞれの関係性を見ていくと……おわかりでしょう。まさに今、あなたが選んだ複数のカードは、何ものでもない「あなたの現在」だけをあらわしていることになります。

あなたが邪念を捨て心を空白にしてカードを選ぶとき、選ばれるそのカードたちはあなたの潜在意識をそのままあらわします。そして、正確なカードの読み手たるべき占い師が優秀であれば、あなたは確実にこれからの指針をカードから得ることになります。

占い師はカードを正確に読み取るための「手伝い」に過ぎません。あなた自身が潜在意識で考えていること自体が、占いの結果となって出るのです。何か大きなことで迷うときは、あなた自身の潜在意識を明らかにするためにタロットカードにたずねてみることをおすすめする次第です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です